koukousei_smartphone


モバイルしないモバイラー、QWERTY_KBです。

以前からtwitterなどで、高校生対象のサービスは早急にスマフォ対応すべきと発言していましたが、
やはり急ぐ必要があるようです。

リクルート進学総研『高校生のWEB利用状況の実態把握調査』によると、高校生のスマートフォンの普及率は既に15%に達しているとのことです。

有効回答数は832名。2011年8月現在の15〜19歳の人口は606万人(引用:総務省統計局 各月1日現在人口 平成23年8月報 (平成23年3月確定値,平成23年8月概算値) 平成23年8月22日公表データ)となっているので、およそ0.01〜0.03%のサンプルということになりますが、高校生のスマフォ普及率に明確に言及しているデータはと言ってもいいのではないでしょうか。

スマートフォンのコアユーザー層は20〜30代の男性と言われており、通信キャリアの強力プッシュも手伝って急速に普及をしているのは周知の事実です。
私は職業柄、メディアレップやウェブ広告代理店とのやり取りが多いのですが、彼らから聞いている話では高校生のスマートフォン普及率は8%前後ではないかというのが大方の見解でした。
このリクルート進学総研のデータを信用するのであれば、既に想定の倍に達しているということになります。

「まだ普及してないから」とタカをくくっている高校生向けサイト担当の方、高校生対象サービス業者の方は再考された方がよろしいのではないでしょうか?

この記事は、後ほど、もう少し突っ込んで校正したいと思います。