モバイルしないモバイラー、qwerty_kbです。
ご無沙汰しております。

相変わらず忙しい上に、最近は頭痛が酷くて薬漬けですが何とか生きています。

さて、本日Windows 7が発売されましたが、
私は悩みに悩んだ挙句、Amazonで
Windows 7 Professional アップグレード版を購入しました。

「え、DSP版買うだろ常識的に考えて…」

と思う方が多いかもしれません。
実際、最初はDSP版を購入しようかなと考えました。


では何故アップグレード版を買ったのか?


『32bitと64bitがいつでも入れ替えてインストールできるから』です。


通常版とアップグレード版は、32bitと64bitがワンパッケージで手に入りますが、
DSP版は32bitと64bitは別ライセンスです。
つまり『両方を手に入れたい場合は2枚買う必要が出てくる』という事です。

-----まとめ-----

■通常版■
○単独でクリーンインストール可能。
○32bit・64bit環境が選んでインストールできる。入れ替えも可能。
×高い

■アップグレード版■
○32bit・64bit環境が選んでインストールできる。入れ替えも可能。
○安い
×WindowsXPまたはVistaが既にインストールされている必要がある。
 =クリーンインストールに手間がかかる。

■DSP版■
○単独でクリーンインストール可能。
○安い
△同時購入したハードウェアが組み込まれたPCにインストールする必要有り。
×32bit・64bit環境は別のライセンス。

-----まとめここまで-----

今はまだ32bitが圧倒的に多いとはいえ、
新OSによって64bit化がじわじわ進行するのではないか?と思うと
32bit版か64bit版かが決められず…。

えーい通常版買っちゃえ!

たけえ(; д ) ゚  ゚

アップグレード版ゲット

という流れでした。

皆様はDSP版の32bitを買ったでしょうか?
インストールの手間こそ増えますが、アップグレード版もお得ですよ。
今ならアップグレード版には発売記念優待版がありますので
DSP版と同じくらいの金額で手に入ります。