モバイルしないモバイラー、qwerty_kbです。

お待たせしました…書き直しのdynabook SS 1620換装レポ第2弾ですよ。

詳細は追記で。

dynabook SS 1620は分解が容易です。肩の力を抜いて臨みましょう!
自己責任でよろしく。

最近入手された方はリカバリディスクが付属していない人が大半でしょうから、事前に、→Acronis True Imageなどで、MBR、リカバリイメージ格納パーティションごとハードディスクのバックアップを取っておきましょう。


ss1620-0011:SS1620底面のバッテリーのちょい下、センターのネジを外します。ちょい大き目(#2?)の+ドライバーでいけます。
このネジはキーボードを固定しているので必ず外しましょう。







ss1620-0022:キーボードの左上、右上のネジ隠しをとります。爪で奥から手前に起こせばぽろっと取れます。
ネジ隠しを取るとネジが見えるので、+ドライバーでネジを外します。このネジは先ほどのネジよりもネジ穴がワンサイズ小さいです。







ss1620-0033:ネジを外したら、ネジ止め部分を爪なりで引っ掛けて手前に起こします。キーボードのフレキがボードと繋がっているのですが、フレキの一部がパームレスト下部に隠れて収納されていました。シビアに収納されているわけではないで、図のように手前にパタンと起こせば平気です。たぶん。








ss1620-0044:HDDとご対面です。SS1620には2.5インチ、9.5mm厚のIDEタイプが使用可能です。図の赤丸で囲った2箇所でネジ止めされていますので#2の+ドライバーを使って外します。
個体差かな思うのですが、手前の方のネジ止めがたわむので力が入れづらく、外しにくかったです。「折れるんじゃ?」というくらいたわんだので一応注意してください。





ss1620-0055:ネジを外したらHDDを左から右に向かって起こします。フレキが繋がってるので丁寧に。








ss1620-0066:180度ひっくり返したらIDEコネクタを抜きます。個体差があると思いますが、私の個体はケーブルがかなりきつく、なかなか外せなかったです。外す際にHDDのコネクタを折らないように注意!!








ss1620-0087:HDDはマウンタに収まっているので、ネジを外します。両側面で4箇所です。








ss1620-0078:ここで換装用のHDDまたはSSDを用意します。
私は既報の通り、『ZERO-CF200A』にCFを2枚挿しして換装しました。

まあ、私は結局戻したんですけどorz 『ZERO-CF200A』はSS1620には正直お勧めできないので『TS32GSSD25-M』なり『TS64GSSD25-M 』なりのIDE対応SSDを使いましょう。
理由は換装レポートその1をご覧下さい。




ss1620-009一応サイズ比較。まあしつこいようですが他のもので換装しましょう。










ss1620-0109:換装するHDDまたはSSDをマウンタに押し込みます。絶縁用と思われるフィルムが嫌な感じに引っかかるので、細い板(写真はマイナスドライバー)でフィルムを抑えながら入れると良いです。






10:手順を逆にたどって、換装完了です。お疲れ様でした。


くどいようですが、


CFでの換装は、手元にあまってる場合以外はお勧めしません!


私のCF?


この週末にヤフオク放流ですかね…orz