モバイルしないモバイラー、qwerty_kbです。

お待たせしました…書き直しのdynabook SS 1620換装レポですよ。

詳細は追記で。

以前のエントリーで書きましたが
SILICONPOWER 200倍速CFカード 16GB
SILICONPOWER 200倍速CFカード 8GB
Transcend 266倍速 8GB CF CARD TS8GCF266

を購入してきました。

で、アダプタは2.5インチ互換でCFが2枚させるという『ZERO-CF200A』を購入してきました。



えー、




結論から言うと、




TS32GSSD25-M』なり『TS64GSSD25-M 』なりのIDE対応SSDを買っとけ。


ミもフタもないのですけどw


色々地雷すぎて箇条書きにすると

●CF2枚挿しでSLC&MLC使い分け美味しいですのつもりが、SLAVEを認識しない何だそりゃ状態。
→手元のSS1620ではスレーブ側のCFを認識しませんでした…。


●シリコンパワー200倍速16GBがそのままでは認識できずBIOS画面も進行しない
→ファーム変わったのか?MBRの問題か?まだFDISK /mbr試してないけど次の項目で試す気が無くなった。


●シリコンパワー200倍速8GBが死にかけのWindows98マシン並みに遅い
→尻200倍速CFでSSD化をする前に言っておくッ!
おれは今やつのスピードをほんのちょっぴりだが体験した
い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『おれはCF-SSD化で高速ウマーと思ったらいつのまにか超超激遅になっていた』
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…
プチフリだとかPIO病だとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


●Transcend266倍速8GBはまあ期待値くらいきびきびしているものの、値段とかを考えると…。
→同じくらいの予算で高速のIDE接続SSD16GBが買えます。



なお、XP Pro SP3クリーンインストール時のCrystalDiskMarkでのベンチは下記。

SP8GこちらはSILICONPOWER 200倍速 CF 8GB。
数値上はOQOのときと概ね近いのですが、Random Writeだけが異常に遅い
そして、この数値からは想像がつかないレベルでReadが超遅い
OSの起動に5分かかる。何だこれは…。







TS8GこちらはTranscend 266倍速 CF 8GB。
まあ期待値くらい。動作も問題なし。
でも同じくらいの予算で高速のIDE接続SSD16GBが買えます











結果:大失敗
一応役に立つであろう写真入り分解レポは次回にー。



いやあ手元のアダプタとCFどうしよう。



※2009/01/16更新
ようやくww分解までアップしましたー。
dynabook SS 1620 CF-SSD換装 その2(分解編)